Friday, March 27, 2020

Berkeley Real Estate Newsletter - March 2020 edition

おはようございます。

バークレー不動産近況報告です。最新のものなんですが、すでに、内容が古い?様な気がします。。。。

が、この2月の内容と来月の3月の内容を比較して、状況を把握するのに良いかと思い、こちらに添付しておきます。

どうぞ、みなさん、おうちで待機でがんばってください。

良い週末を!



いつもお世話様です。イーストベイの不動産の事なら、津守弘子までよろしくお願い致します。
津守弘子のレビューはこちらでみれますよ。
You want to read in English?  

Thursday, March 26, 2020

2020年3月26日 ー アップデート




ベイエリアの外出禁止令11日目です。

いつもながら、朝わんこと散歩に入っています。ここ2、3日、散歩中に全くどなたとも出会いません。いつもなら、最低、3人+3わんこくらいには会うんだけれど。。。。犬の散歩も辞めちゃったのだろうか? みんなお家にいるんだろうけれど、本当に静か。Bay  Bridgeが見えるんだけれど、ガラガラです。

私自身、今日は車に乗ることもなかった。久しぶり。

お買い物は、なるだけ旦那に行ってもらっています。トレーダージョーは人数制限のため、列を作っているとのこと。そこまでして欲しいものはまだないので、諦めたそう。

近所のスーパー、ラッキーはまあまずまず。そんなに買いだめしているわけでもないのだけれど、パスタ類が何故だか溜まってきている。。。苦笑。

私はお米と味噌汁でしばらくは大丈夫。

株価がずいぶん下がりましたが、ここ2日ほどは上昇してます。でも、またいつ下がるか分からないです。結局どの株も売らずにキープしている私。長ーい目で見て投資してますが、かなり、心配かな? 定年もそんなに遠くないし。。。。

さてさて、肝心の不動産。オープンハウス、見学は只今禁止。買う側も売る側もかなり不安な時です。少し、方向が見えてくれば、楽なんでしょうが。。。。

私自身がセラーだったらどうするか? 

売らなければならないのであれば、マーケットに出しますね。少し余裕があるのであれば、市場の様子を伺う。ただ、その余裕が2−3ヶ月であるのであれば、あまり良い結果が生まれるとは思えない。もっと長期の余裕があるのであれば、落ち着くまで待ってみますね。

では、バイヤーであればどうする?

かなり手が出しにくいですね。 購入して、すぐに価値が落ちたらやっぱりかなりのショックです。ただ、金利がまだ安いのと、競争率が低くなっているのは確かですから、以前よりは買いやすい。と、思います。

とりあえず、皆さん、不安ではありますが、お家待機でがんばってくださいね。

いつもお世話様です。イーストベイの不動産の事なら、津守弘子までよろしくお願い致します。
津守弘子のレビューはこちらでみれますよ。
You want to read in English?  

Wednesday, March 18, 2020

2020年3月18日 ー アップデート




どうしようかと思いつつ、ブログを書いてみることにしました。

ここ、1週間ほどで、アメリカはめまぐるしく変化しました。

日本に両親がいますから、コロナのことはよく聞いてました。また、日本のメディアを通して、日本の情報にも注意してました。

アメリカが、今、コロナを恐れて、てんてこまいです。株式市場を見れば一発で解ります。3分の1の価値があっという間に消えてしまいました。

私の住んでいるベイエリアでは、学校休校。(ウチの子供達は最低でも5週間の休みです。もちろん、オンラインで勉強は続けている様ですが。。。。これも幸い、私立の高校に通っているからで、聞くところによると、公立校は、単なる休み、宿題なしと聞きました。)

昨夜、州知事がひょっとしたら、9月の新年期が始まるまで、休校になる恐れがあると。。。。そんな非常事態なそうです。

家族4人(高校生二人、と旦那、と私)月曜日から、自宅謹慎。必要以外の外出禁止の条例が郡の方よりでています。今日、食料品を買いに行きましたら、道路はガラガラ、お店は冷凍品、乾燥物など長持ちのするものはほとんどありませんでした。(お米はありました!!)もちろん、トイレットペーパーはなしです。笑。

私の仕事は不動産売買です。まだまだたくさんのバイヤーさんいらっしゃいますが、あまりに先が見えないので、怯えています。不動産は騰落するんでしょうか?セラーさんは、今リスティングしても、オープンハウスもままにならない状態ですので、最適なバイヤーが見つかるかどうかを懸念しています。

なんと不安定な状態でしょうか?

2008年から始まった不動産暴落と全く違った原因で今、マーケットが揺れています。

世界がコロナというバイルスで、こんな風に一転すると、どなたが予測できたでしょうか?

今言えることは、もし不動産を売却されようと思っている方は、きっとそれなりの理由があるんだと思いますから、とにかく準備はされて方が良いです。また、購入を考えていらっしゃる方、今が絶好のチャンスかもしれません。市場の動向に敏感に動かれることをお勧めします。おそらく、競争は以前よりは少ないはず。交渉もしやすいはず。金利も低いはずです。 ただ、今が底値かどうかだけは、分からないですね。

いつもお世話様です。イーストベイの不動産の事なら、津守弘子までよろしくお願い致します。
津守弘子のレビューはこちらでみれますよ。
You want to read in English?  




Wednesday, March 4, 2020

ホームバイヤーのセミナー第二弾!購入過程について ー 延期



さてさて、住宅ローンについての勉強をして頂いた後は、実際にアメリカでマイホームを購入するときに必須な過程を勉強して頂きます。


  1. 不動産エージェントの選択:アメリカでの不動産購入の手助けをしてくださるエージェント。とっても重要な役割を果たします。どうやって選べばいいんでしょうか?
  2. 物件の選び方:予算があっての購入。では、何に重要視すれば、あとで、ガッカリしないんでしょうか?
  3. オファーの契約書はとっても長ーい書類です。法的な書類なので詳細は不動産弁護士に説明していただかなければならないものです。が、一度、一緒に読んでみましょう。
  4. オファーが承諾されました。これからエスクローが始まります。この間に一体何を行わなければならないか、ご説明します。
  5. すべてうまくいけば、ホームオーナーです。

ご予約はこちら。


席に限りがありますので、お早めに予約お願いいたします。

いつもお世話様です。イーストベイの不動産の事なら、津守弘子までよろしくお願い致します。
津守弘子のレビューはこちらでみれますよ。
You want to read in English?